トイレの中で小さい子供がわからずに鍵を閉めて出られなくなってしまった、部屋の鍵が半分閉まりかけていたようでドアを閉めた衝撃で鍵がかかってしまった、などの突然のトラブルの時、いちいち鍵屋を呼んでいたら時間も惜しいと思われますし、何より簡単すぎる鍵であった場合鍵屋さんにとってもお金をとって良いのかどうかと思ってしまいます。
大抵の方はご存じだと思われますが、簡易的な鍵(外から鍵をかけるものでない)は緊急用に外側から開けられるようになっているものがあります。特に住宅のトイレの鍵には、ノブの上・赤や青の印が出るあたりにコインやマイナスドライバーを引っかけるようなネジの部分があります。そこを縦に回すことで外側から鍵を開けられます。または、ドアと壁の隙間から錠のラッチという金具が見えていれば、マイナスドライバーや細いものでその部分を押し込むと鍵を開けられる場合があります。もし内側に開く扉である場合はドアの隙間は見えない為この方法は実践できません。また、この方法で開けられない場合は錠ケースや鍵の中にあるチューブラーが壊れて開かなくなっている可能性もあります。
そうなると鍵を壊す必要があるのですが、錠前の仕組みを知っていれば壊すべき場所を特定できますが、素人が無理に鍵を壊そうとするときれいな扉や壁・壁紙を傷つけてしまうことになります。また壊しきれなかった、逆に錠前部品を歪ませたりすると開かなくなってしまうこともあります。室内のドア鍵で困った時はプロの鍵屋さんに任せるのが先決と言えるでしょう。その場で壊れた鍵の交換もお願いできるメリットもありますね。